アートメイクで対策

メイク崩れに困っている人の間で人気なのが、アートメイクです。アートメイクとは色素を肌に直接注入してしまう方法です。表面に塗るのではなく、表皮に入れる方法ですから常にメイクをしているような状態を維持できます。タトゥーに近い色素の入れ方と言えば、イメージしやすいかもしれません。アートメイクは医療行為に該当するため、美容皮膚科などで行っています。いったんアートメイクをすれば、数年程度は消えないといわれています。

アートメイクアートメイクをすることで、メイク崩れが起こりにくくなります。長時間継続して作業をするため、なかなか化粧直しをする時間が取れない方、スポーツなどでよく汗をかく方などにはおすすめです。また子育てをしている方はなかなかメイクに時間をかけられないでしょう。このようなママさん方の間でも人気です。またちょっと近くのコンビニまで買い物するときにわざわざメイクをするのは面倒なときでも、アートメイクをしていればメイクしなくてもすっぴんではないので気軽に外出できます。

アートメイクといわれると施術中痛いのではないかと思う人もいるでしょう。痛みの感じ方は人それぞれですが、皮膚のごく浅いところに色素を入れる施術のため、そこまで激痛を伴うことはないです。またもし痛みを感じたら、麻酔などの処置も施せます。

推奨サイト→アートメイク

Pocket