夏場のメイク崩れ対策

夏場よく汗をかくので、メイク崩れが頻繁に起こると悩んでいる人もいるでしょう。夏場のメイク崩れ対策のコツはいくつかあります。まず汗のない状態でメイクをすることが大事です。夏場顔に汗の出ているままでメイクをしてしまう人が多いです。しかし汗をかいている状態のような、顔の温度の高い状態でメイクをしても化粧下地はしっかり接着してくれません。このため、簡単にメイク崩れが起こりやすいわけです。

汗夏メイクをする際には、ティッシュなどで汗を吸い取るようにしましょう。そのほかに首は大動脈など顔に流れる太い血管が走っています。そこで首筋を保冷剤などで冷やすと血液の温度が下がり、顔の汗を引かせる効果が期待できます。

またファンデーションを塗る前に日焼け止めを塗ることも大事です。額と鼻、あご、両ほほに日焼け止めクリームを塗布し、ムラのできないように伸ばします。そこに化粧下地、ファンデーションを塗りましょう。化粧下地を塗るとファンデーションと肌の接着剤の役割を果たしてくれます。ファンデーションが定着しやすくなって、化粧崩れが起こりにくくなるのです。ファンデーションや化粧下地は肌の表面に伸ばすというよりも、肌に叩き込むようなイメージで塗ったほうがメイク崩れを防げます。

アートメイクで対策

Pocket