アートメイクで対策

メイク崩れに困っている人の間で人気なのが、アートメイクです。アートメイクとは色素を肌に直接注入してしまう方法です。表面に塗るのではなく、表皮に入れる方法ですから常にメイクをしているような状態を維持できます。タトゥーに近い色素の入れ方と言えば、イメージしやすいかもしれません。アートメイクは医療行為に該当するため、美容皮膚科などで行っています。いったんアートメイクをすれば、数年程度は消えないといわれています。

アートメイクアートメイクをすることで、メイク崩れが起こりにくくなります。長時間継続して作業をするため、なかなか化粧直しをする時間が取れない方、スポーツなどでよく汗をかく方などにはおすすめです。また子育てをしている方はなかなかメイクに時間をかけられないでしょう。このようなママさん方の間でも人気です。またちょっと近くのコンビニまで買い物するときにわざわざメイクをするのは面倒なときでも、アートメイクをしていればメイクしなくてもすっぴんではないので気軽に外出できます。

アートメイクといわれると施術中痛いのではないかと思う人もいるでしょう。痛みの感じ方は人それぞれですが、皮膚のごく浅いところに色素を入れる施術のため、そこまで激痛を伴うことはないです。またもし痛みを感じたら、麻酔などの処置も施せます。

推奨サイト→アートメイク

Pocket

夏場のメイク崩れ対策

夏場よく汗をかくので、メイク崩れが頻繁に起こると悩んでいる人もいるでしょう。夏場のメイク崩れ対策のコツはいくつかあります。まず汗のない状態でメイクをすることが大事です。夏場顔に汗の出ているままでメイクをしてしまう人が多いです。しかし汗をかいている状態のような、顔の温度の高い状態でメイクをしても化粧下地はしっかり接着してくれません。このため、簡単にメイク崩れが起こりやすいわけです。

汗夏メイクをする際には、ティッシュなどで汗を吸い取るようにしましょう。そのほかに首は大動脈など顔に流れる太い血管が走っています。そこで首筋を保冷剤などで冷やすと血液の温度が下がり、顔の汗を引かせる効果が期待できます。

またファンデーションを塗る前に日焼け止めを塗ることも大事です。額と鼻、あご、両ほほに日焼け止めクリームを塗布し、ムラのできないように伸ばします。そこに化粧下地、ファンデーションを塗りましょう。化粧下地を塗るとファンデーションと肌の接着剤の役割を果たしてくれます。ファンデーションが定着しやすくなって、化粧崩れが起こりにくくなるのです。ファンデーションや化粧下地は肌の表面に伸ばすというよりも、肌に叩き込むようなイメージで塗ったほうがメイク崩れを防げます。

アートメイクで対策

Pocket

乾燥肌対策が重要

乾燥肌は美肌にとって天敵という話を聞いたことはあるでしょうか。実はこの乾燥肌、メイク崩れを起こす原因にもなりえます。乾燥肌とメイク崩れがリンクしないという人も多いでしょう。肌が乾燥していると、皮脂の分泌が活発になります。油分で水分の不足を補おうとするからです。乾燥肌の方で、顔がよくテカるという人もいることでしょう。これこそ、先に紹介した理由が関係しています。油分の多い肌にメイクをしてもすぐに崩れてしまいます。ですから乾燥肌気味でよく顔がてかる方は、保湿対策をしっかり行うことが大事です。

保湿クリームまずは化粧水を贅沢に顔全体につけます。テカりの気になる方がいれば、収れん化粧品を使用するのがおすすめです。毛穴が引き締まることで、化粧崩れが起こりにくくなります。

ただし化粧水をつけただけでは、すぐに水分は蒸発します。そこで続いて保湿クリームもしくは乳液を塗って、ふたをしてあげることが大事です。特に夏場べたつきが気になるので、乳液などはつけないという人はいませんか。夏場でも保湿クリームなどを塗れば、肌の乾燥を防ぎ、ひいてはメイク崩れ対策につながります。ただし皮脂の分泌な活発なTゾーンは少なめに、皮脂があまり多く分泌されないUゾーンは多めにつけるなどの調整をするといいでしょう。

夏場のメイク崩れ対策

Pocket

メイク崩れ対策のコツ

長時間お化粧直しをする暇がなくて、メイク崩れでひどいことになったという苦い経験はありませんか?長時間メイク直しができなくてもきれいな状態をできるだけキープするためには、ベースメイクに工夫することが大事です。

ベースメイクベースメイクにパウダー系のものを使っている方も多いでしょう。パウダー系を長時間肌にキープするためには、肌がサラサラの状態でつけることがポイントです。しかし中にはどんどん重ねていってしまう方も少なからず見受けられます。リキッドファンデーションなどがまだ肌になじんでいない段階でパウダーを重ねてしまうと、よれた感じで付着します。すると時間が経過すればするほど、崩れやすくなるわけです。カラー下地やリキッドファンデーションをつけたのであれば、少なくても10分くらいは時間を置きたいところです。その間にヘアメイクなどほかの準備を進めれば、限られた時間でもしっかりメイクできるはずです。

どんなに工夫をしても時間が経過すればするほど、どうしてもメイク崩れは起こりやすくなります。この時ベースメイクを厚くつけてしまうと崩れ具合も大きくなり、ドロドロ汚らしい見た目になりやすいです。ですから朝外出前にベースメイクをする際には、薄めに仕上げておくこともメイク崩れ対策のポイントです。長時間外出する際には、何度か化粧直しをするでしょう。このときにパウダーを使用すればおのずとベースメイクは厚くなります。その後のことも考慮に入れれば、最初のうちは薄めにしておいた方がつじつまが合うわけです。

*参照記事*
アートメイクで対策
夏場のメイク崩れ対策
乾燥肌対策が重要

Pocket